防水塗装について

防水塗装とは

建物や構造物を、雨や風、雪や紫外線などから長期的に保護する工事を、防水工事、塗装工事といいます。

防水工事には、シート防水、FRP防水、ウレタン防水、アスファルト防水、などがあり、屋根やビルの屋上、ベランダや駐車場などに工事を行います。

塗装工事には、外壁塗装、屋根塗装などがあり、屋根、外壁の他に、建築物などの鉄部、木部にも塗装を行います。

それぞれ、目的や用途、予算や工期などによって、その工事に合った特性を持つ、多くの種類の防水材、塗装剤の中から、工事に最適なものが選択されます。

例えば、屋根やベランダ、ビルの屋上などは、平面で水はけが悪く、はがれや膨れが起きやすく、雨漏りの原因となります。

また、屋根や外壁が、激しい風雨や紫外線、排気ガスなどで、屋根材や防水材、塗装剤のはがれやひび割れ、浮き、反りが起こり、浸水や雨漏りの原因となります。

そこで、専門家がその劣化の具合などを検証、調査いたします。

専門家の調査なら、目に見える雨漏りやひび割れ、はがれ以外にも、直さなければならない部分を見つけることが出来ます。

そして、それに適した工事、工法、材料をご提案いたします。

まずは専門家にお任せください。

 
お問い合わせはこちら
202

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
トップへ戻るトップへ戻る