FRP防水とその特徴とは?

そもそも『FRP』とは何なのか、意味がよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

『FRP』とは、「Fiberglass Reinforced Plastic」の略で、繊維強化プラスチックのことをいいます。

?これは複合材料の一種で、液状の不飽和ポリエステル樹脂に、補強材であるガラス繊維などを加えて
混ぜることで、強化した材料です。

?塗膜防水工法の一種でもあり、FRPを防水分野に利用したものを、FRP防水といい、その仕上がりの防水層は、全面が継ぎ目のない状態でシームレスです。

FRP(繊維強化プラスチック)は高い強度と耐久性に優れているため、さまざまな分野で利用されており、軽量で、強靭性、耐水性、耐候性、弾力性などにも非常に優れていて、他の防水工法と比べても、群を抜いて高い性能であることが、施工者の間で認められているのです。

また、樹脂の硬化速度も速く、比較的、短期間での施工が可能となること、露出仕様で人の歩行が可能であることもFRPの特徴です。

通常は防水層の上に、コンクリートやタイルなどの、保護層を設けて仕上げるのですが、FRP防水の場合は、ウレタン・トップコートの仕上げ材を、コーティングするだけでも人が歩行するのに問題ありません。

?現在では、トップコートのカラーリングなど、バリエーションも豊富になり、見た目もきれいに仕上がります。

?これらの特性を活かし、FRP防水は、バスタブ、プール、水槽、屋上、駐車場、自動車、ボート、下水道施設など、幅広く使われています。

最近では、木造住宅のバルコニーやベランダ、屋上の緑化による防水層としても、採用されることが一般的となっています。

 
お問い合わせはこちら
202

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
トップへ戻るトップへ戻る