屋根の種類と防水工法について

屋根には、一般的な木造住宅のような勾配屋根と、鉄筋コンクリート造などの、傾きがほとんどない陸屋根があります。

使われる防水工事の種類は、それぞれの屋根の種類に、最適な防水工法が選択されます。

■勾配屋根の防水仕様

「シート防水」

比較的費用が安く、見た目のキレイさと、伸縮性が優れていることから、勾配屋根だけでなく、陸屋根にも使用されています。

短期間での施工も可能です。

「アスファルトシングル」

見た目が良く、耐年数が非常に長いことが特徴で、難点を言えば、材料費などが他の工法に比べて高いことです。

また、改修工事をする場合には、建物の周囲に足場を組む必要があります。

■陸屋根の防水仕様

「アスファルト露出防水」

採用率が非常に多く、防水面での信頼性も申し分ありません。

耐年数が長いことや、費用も安く済む場合が多いことも、この工法の利点です。

逆に、複雑な場所への施工が難しいことや、施工時に異臭が出ること、見た目があまり良くないことが難点だといえます。

歩行用には向かないため注意しましょう。

「ゴム・塩ビシート」

アスファルト防水に比べて見た目はキレイで、伸縮性に優れています。

ゴムシートに比べて、塩ビシートの方が費用は高いです。

「ウレタン樹脂塗膜防水」

防水層の仕上がりがキレイで、複雑な場所への施工も容易です。

施工期間が短いことも特徴です。

ただし、アスファルト防水に重ねての施工は出来ないので、屋根の修繕を行う際には、よく確認しましょう。

屋根は建物で一番、温度変化の激しい部分であり、紫外線などの刺激によっても、傷んでしまいます。

そのため、屋根材を保護するための仕上げも大切な工程です。

屋根材に仕上げを施すか施さないかで、屋根そのものや、防水層の寿命に差が出るともいわれています。

 
お問い合わせはこちら
202

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
トップへ戻るトップへ戻る