防水改修工事のノウハウとは?

改修工事を行う上で、重要視しなければいけない点は、防水性・耐候性に優れた材料を選択することです。

耐断熱機能や防水機能が高く、より機能性に富んだ材料を使うことによって、短期間で何度も改修工事をしなくても済むため、大切な建物を維持するための “経費を削減することが出来る” という効果を生みます。

改修工事で、一般的に多く使われれるのが、「ウレタン塗膜防水」「シート防水」です。

■ウレタン塗膜防水

改修工事を行う際に、建物がどの程度傷んでいるのかを確認し、その劣化具合に応じて、防水層を造りだすことが出来ます。

5~6年に一度の頻度で、トップコートを再塗装する必要がありますが、そうすることで約15年位は、防水の効果を保つことが出来ます。

この改修工事では、防水層を撤去する必要がなく、上から重ねて塗装することが出来るので、その分の改修費用の削減と、施工期間の短縮が可能です。

■シート防水

防水シートの劣化具合を確認して、状態が悪ければシートを交換し改修します。

古くなった防水シートの撤去分、工事費用がプラスされ、撤去作業にかかった時間分、施工期間も長くなります。

もちろん、部分的に交換する場合と、全面的に交換する場合とでは、改修費用や施工期間は違いますが、比較的安価なものが多く、平均耐年数は約10~15年です。

また、改修工事を賢く行う方法として、外断熱工法を改修防水と一緒にすることがあります。

これは、気温の変化によって、建物が受ける影響を減らし、建物を守る有効性を上げ、同時に建物内部の結露予防と、近年話題となっている、省エネルギーの効果を得られ、光熱費を安く済ませられると考えられたためです。

 
お問い合わせはこちら
202

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
トップへ戻るトップへ戻る