シーリング防水について

シーリング防水とは、建物を建てる時に使用する、建築材料をつなぎ合わせて、隙間を埋めて、建物の内部に水が入らないようにするための、防水工事のことです。

防水機能はもちろんのこと、気密機能も備わっており、建物の防水性、気密性を維持する重要な役割をもっています。

この防水工事に使用されるシーリング防水材は、大きく分けて2種類あります。

ガスケットとも呼ばれる、あらかじめ成形された、形状の定まっているものをはめ込む“定形型シーリング材” と、形状が定まっておらず、ペースト状になっているものをはめ込む “不定形型シーリング材” です。

これらは、主に壁などの目地と呼ばれる部分や、建具などの周囲にはめ込み、建物に悪影響な水を防ぐ、シーリング防水材として多く使われています。

よく聞き覚えのある、コーキングというものもシーリング材の一種で、工事や材料含めコーキングとも呼ばれていました。

現在では、シーリングと呼ぶことも一般的になってきましたが、コーキングもシーリングも同じ意味として捉えられています。

2つに分類されたシーリング防水材ですが、その種類は豊富で、それぞれの成分により、施工する箇所にも向き不向きがあります。

■シリコン系

耐久性、耐候性に優れていて、ガラスや金属、石材の接着や目地部分に適しています。

ただし変性シリコン系は、ガラスへの接着力が若干低いため、よく説明を受けた上で防水工事をすすめましょう。

■アクリル系

主にALCパネルの目地や、サッシ・天井と壁の隙間などに多く使用されています。

硬化後であれば、湿った箇所にも使用することは出来ますが、未硬化の場合、雨水などにより流れてしまったり、氷点下などの気温が低い時は凍結の恐れがあるなど、施工時の天候に左右されることもあります。

(アクリルウレタン系はコンクリートの目地部分に適しています)

■ウレタン系

耐久性はあるが、耐熱性、耐候性が弱いです。

しかし表面に塗装が可能で、これをすることにより、弱点を補うことが出来きます。

コンクリート、石材ストレート、金属、木材などの接着や目地部分に使われています。

(ポリウレタン系はガラスとの接着性が若干劣ります)

■ポリサルファイド系

基本的に耐久性は高いため、石材やタイル、PCコンクリートなどの目地部分や接着に、多く使用されていますが、カーテンウォール等の頻繁に動く箇所への使用は、寿命が短くなることが予想されます。

また、硬化後はゴムのように弾力性を持っています。

上記に挙げたのは、シーリング防水材のほんの一部であり、この他にもまだまだ種類はあります。

防水や気密を目的とした、シーリング防水材ですが、必要箇所に適したものを選択しなければ、その役割を果たせない場合もあります。

成分の特徴をよく理解し、それを活かしたシーリング防水工事が望ましいです。

 
お問い合わせはこちら
202

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
トップへ戻るトップへ戻る