外装塗装リフォーム時の塗料選びの最新情報

  はじめに

従来、モルタルの壁ですと、10年ごとに再塗装をしなければなりませんでした。

ところが、最近では事情が全く違ってきています。

それは、近年の塗料の進歩には目を見張るものがあるからです。

では、どのように違ってきているのかについて、最新の情報をお伝えいたします。

  高耐久な塗料の登場

外壁塗装リフォームにおいて、現在の売れ筋となっているのが、アクリルシリコン樹脂系塗料です。

これまでは、外壁の塗り替えは、長くとも10年以内に行うのが目安とされていました。

しかし現在では、その間隔が伸び、12年から15年はもつようになりました。

それを可能にしたのがアクリルシリコン樹脂系塗料です。

アクリルシリコン樹脂系塗料は、これまでのアクリル樹脂系塗料に比べれば、耐久性が格段に優れているのです。

そもそも、モルタル外壁の塗り替えに使われる塗料の種類には、次の4種類の塗料があります。

①フッ素樹脂塗料

②アクリルシリコン樹脂塗料

③ウレタン樹脂塗料

④アクリル樹脂塗料

このうち、耐久性がいちばん優れているのがフッ素樹脂塗料で、その次にアクリルシリコン樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料、アクリル樹脂塗料といった順番になります。

フッ素樹脂塗料は、15年から20年の耐久性がありますが、かなり値段が高いのが難点だったりします(アクリルシリコン樹脂塗料の2~3倍の価格)。

そこで耐久性と価格とのバランスに優れたアクリルシリコン樹脂系塗料が売れ筋となっていったという背景があります。

外壁の塗装には、足場を組んで、水洗いをして、下地処理をして、とかなり複雑です。

こうしたことを計算に入れて、トータルの数字を出すと、フッ素樹脂塗料では130万円くらいかかってしまいますが、アクリルシリコン樹脂塗料だと100万円程度で済むのです(もちろん、一般的な目安です)。

  外壁のデザインと塗料

リフォームで外壁塗装をするときには、外壁のデザインや質感のことも考慮しなければなりません。

うっかりすると、外壁のデザインや質感を損なってしまうこともあるからです。

こだわりのコテ模様や砂壁調が、ツルンとした感じになってしまっては、元も子もありませんよね。

当然ながら、外壁の元のデザインを損なわない塗料が最近では売れ筋となっています。

たとえば、セラミックシリコン樹脂系の塗料。

これは、アクリルシリコン樹脂をプラスしたセラミックの塗料です。

元のパターンや質感をそのまま生かすことが出来るのです。

外壁の下地のパターンを埋めないので、元のパターンや質感を維持したまま塗装できているのが分かります。

4656563

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
トップへ戻るトップへ戻る